忍者ブログ
~何処までも腐ってる癖に時々乙女~
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
プロフィール
HN:
立花 龍
性別:
女性
職業:
事務員
趣味:
妄想
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


生きてます。立花です。
久し振りの更新になりましてすいませんです。
ちょっと三次元ではぁはぁ悶えてたらこんなコトになっちまいました☆(←きーもいー)

取り合えず、29・30日には彼らのライブに行ってました。
29日は親の体調不良でまさかの1人参加。
向こうで友人と落ち合い、オクで売ったチケを当日手渡しという方法で渡して。
席に着いてからは左に座ったベーシストファンの方とお喋り。右に座った落札者様とお喋り。
案外オレ、誰とでも仲良くなれるんだな、って思った。
っていうかね。左に座ったオバ様はぶっちゃけ一昨年のライブでも隣だった気がするんだ(笑)
ほら、熱狂的なオレらみたいなファンって良席にチケを買い換える訳ですよ(違法らしいけどね、一応)
そうなると、自然と同じ顔ぶれになる訳で…。向こうも、「あれ?この子何処かで…」って顔してました。
そんな訳で2日間はしゃぎまくって出た結論。
キーボードがあんなに好きだったベーシストからドラマーに見事恋心を移してました。
いや、腐要素がある訳なんです。っていうかそういう目で見ちゃうんですけど。
今までキーボードはベーシストに甘えまくって、ベーシストがそれに対してデレてたのですが。
見事にドラマーに甘えまくり、ドラマーもそれなりにかまってやってました。
ベーシストと話してるのを今年のライブで一度も見なかったよ。
あぁ、あと。夏は行かないだなんだと親と話し、この春でファンを引退するつもりだったのですが。
郵便局から戻って来た親に、夏のライブチケを振り込んだ控えを渡されました。
行くらしい。辞めないらしい。
…まぁ、オレもそのつもりだったけれどね。

さてさて。色々王子と姫で話題があるのですが。今日が一番ヒットだと思うから語ってみる。
王子が午前中休みだったのですが、急な配達が入って出勤してきました。
すんごい不機嫌で、周りに何か言われても無視を決め込んで注文表書いてたのに。

社長「貴方も貴方なら、姫も姫よ。今朝だって―」

ガタンッという派手な音に目を向ければ、王子が椅子から立ち上がって、

王子「●●に何かあったんですか!?あいつ、どうかしたんですか!?」

それまで文句言ってぶちキレてたのに、物凄い勢いで社長に叫んでました。
しかもね、普通に下の名前叫んでたからね(笑)
当然立花ビックリしちゃって、ぽかん、て見てたんですけど王子の勢いは止まらず。

社長「いやね、対したコトじゃないのよ。それよりも今は貴方の話を―」
王子「だから!あいつに何があったんですか!?あいつ、大丈夫なんですか!?一体何が!!」

落ち着け(笑)
姫に対したコトはなく。
注文が多かったので社長が勝手に割り振ったのが気に入らない、と朝揉めてたんですよ。
社長がそのコトを言おうとしたのですが、始まりが悪かったんだろうね。
王子は何か苦情とかだと思ったらしく、すっげぇ焦って今にも飛び出さん勢いでした。
思わず「愛だなぁ…」とか思って吹き出したのはオレ(挙手)

で。今日は会議だったのですが。新しい人が入ったので椅子が1つ足りませんでした。
王子と姫は仲良くみつめあって、お喋りしながら(此処重要)会議に入って来て。
姫が先に座り、王子がその横に座ろうとしたら他の人が座ってしまったんですよ。
そしたら椅子が足りなくて、王子がオロオロしてたので。
最年少、最下級である立花が譲ろうと思い。

立花「王子、私立ってますから座ってください」
王子「え。駄目だよ龍ちゃん!オレ立ってるから」
立花「いや、大丈夫です。立ってられますから、どうぞ座ってください」

椅子をガラガラーって王子の前に差し出したら。

王子「よし、じゃぁ半分ずつ座ろう」

吹いた。
その場に居た社員全員が爆笑。更に囃し立てたもんだから王子がテンション上がっちゃって。
自分の膝をペチペチと叩きながら。

王子「あ、やっぱりオレの膝の上においで?」

王子は低音甘々ボイスです。もうオレその台詞と声にヒーヒーときめいてしまって。
顔すっごい熱かったから恐らく真っ赤になってたろうなぁ…(恥)
慌てて両手を横にブンブン振りながら、

立花「いやいやいや!お、重たいですし、本当に立っていられますからっ!」
王子「え、何でよ?オレの膝の上イヤなの?」

イヤじゃないけど!!!!!!

王子「おいでよ、ほら。あ、膝の上が嫌なら足広げるから股の間でもイイよ?」
立花「うーっ!(恥)ほ、本当に大丈夫ですからっ!」
王子「えー?何で?ほら、おいでおいで?」

誰も突っ込まないで延々と囃し立てられ。誰かは「ヒューヒュ」言い出すわで。
もう泣きたい位の羞恥に襲われてたら椅子の追加が到着し。
立花が無事に自分の椅子に座って王子が追加の椅子を受け取りながら、一言。

王子「…ふられちゃった。オレの膝の上に座って欲しかったのに…」

冗談でも彼女の前でそういうコト言うべきじゃないと思うよ(笑)
姫は会議中物凄い不機嫌でした。
そりゃそうだ。さっきまでイチャイチャしてた愛しのダーリンが浮気当然のコトしたんだもん(笑)
で、会議終わった後に。またもイベント発生。
先輩とピアスについて話してたんですよ。そしたら姫が割り込んできて。

姫 「違うよ。立花さんはビビリだから開けられないんだよ」
立花「び、ビビリなんかじゃないっすよ!」
姫  「ちなみに、オレ開いてるよ?左だけど」

そう言って左耳を触った姫。

先輩「本当に開いてるの?でもしてないじゃん」
姫 「仕事中はしない。休みの日はしてるよ?だから塞がってないでちゃんと開いてる」
立花「見せて貰ってもイイですか?」
姫「イイよ?」

で、耳を見せて貰いました。確かに開いてたのですが、気になったのが其処じゃなくて。
姫の耳朶、綺麗な桜色だったんです…(恥)
すっごいの、すっごいピンク色なんですよ!何か見てると思わずキュッて摘んでやりたくなるような(←変態)
何かもう。卑猥なの。エロイんですよ、とにかく。
あぁ、王子にいつもチュッチュ舐められてるのかなーとか思った自分は末期。
思わず手を伸ばしそうになって、慌てて引っ込めました。
いかん。あれ触ったら絶対死ねる。悶えて死ねる。
姫のお耳は可愛いピンク色。新たな発見!(もうバカですよ、ただの)

そういや、遂に。
figmaのキョンが発売決定しましたね。
脇の部分の隙間っぽいのがちょっと気になりますが。
やはり全身稼動するというのはかなり魅力的です。
でもって、「やれやれver」じゃなくて「キリリver」の顔が物凄い萌える。
ああいう顔のキョンたんが物凄い好みです。
なので、購入します(笑)基本フィギュア系は顔で選ぶので(面食い)
ブリーチスイングEX5だかに浦原が居ますが、顔が微妙に好みじゃないので購入しません。
それ位の徹底振り(?)です。フィギュアは顔で選びます(きぱ)
キョンが出た=いっちゃんも出る筈。予定では6月末との噂ですが。
この2体買ったらフィギュアも卒業しようかなーと。もう置けないし(苦笑)
取り合えず、figmaキョン買ったら色々エロイポージングさせて遊びます(←用途が違う?)

最近。
上地雄輔が気になってます。
『スリルな夜』というフジでやってた深夜ドラマからちょっと気になってたのですが。
あのクイズ番組で人気が出、『羞恥心』歌ってる姿にやられました…。
ちょっと気になってます。可愛い。笑った顔とか。歌ってる時の声とか。
…可愛い。


PR
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]

Copyright c ~腐女子的妄想日記~。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 深黒 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]