忍者ブログ
~何処までも腐ってる癖に時々乙女~
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
プロフィール
HN:
立花 龍
性別:
女性
職業:
事務員
趣味:
妄想
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


『メーデー』はこの時季に聴くのはピッタリなんじゃないかと思います。立花です。

取り合えず、自分のiTunesの『お気に入り』は本当にお気に入りです(何じゃそりゃ)
テンション上がるなぁー。

この前は真っ暗な内容お届けしてすいませんでした。
まだ心の片隅で引っ掛かってますが。
ドロドロしてますが。
今日はピンクな内容でお届けしようと思います。
ピンクっていうか、淡いピンクね。やらしい感じじゃないのですよ?(苦笑)

取り合えず。この前書こう書こうと思ってたコトから話します。
今月の2日頃。部長と王子とオレの3人で事務所に居ました。

部長「よし、今度の休みは泳ぎに行くぞ!」
王子・オレ「…はい?」
王子「え、つかあれ冗談じゃなかったんですか?」
部長「本気、オレは王子を本気で誘った」
王子「あー…龍ちゃん行くー?」
オレ「遠慮しますー。スク水しかないんで(笑)」
王子「スク水キター!!!!!!!!!!!」(叫)

突如叫んでガッツポーズする王子、とそれ見て爆笑する部長。

王子「龍ちゃん、お願い!!スク水着て、泳ぎに行って!」
オレ「…えー!っていうか王子、スク水萌えですか!?」
王子「うん、スク水萌え」
部長「いやいや、そういって王子はビキニとかじゃないのー?」
王子「部長!甘いっす!龍ちゃんみたいな真面目な子が、スク水着る価値と権利があるんです!!」
オレ「ちなみにー。胸にカタカナで立花って書いてありますよ?(笑)」

書いてないけどね、冗談で言ってみたの。
体操着とかスク水って、名前をカタカナで書いてある方が萌えるとかいうじゃないですか。
そしたら。

王子「龍ちゃん、マジでスク水着て!!!お願いだから着て!!!」

懇願されました(笑)
んで、そっから部長と王子とオレの3人でスク水談義(え)
そのまま話は流れて、翌日。
いつも遊びに連れてってくださるAさんがオレを手招きしました。

オレ「何ですか?」
Aさん「部長にプール誘われた?」
オレ「誘われたっていうか、スク水話?」
Aさん「は?」

取り合えずスク水談義に至った経緯をちょこっと話し。

Aさん「オレも誘われたけど用あってさーそしたら部長拗ねちゃって、『じゃ、やめ!』ってなって」
オレ「あーそうなんですかーてか本気だったんですか、部長?」
Aさん「みたいだよー。で、龍ちゃんどうするの?行きたかった?」
オレ「いや、マジでスク水しかないんですっごい困ってました。実際問題」

で、Aさんとはそれで爆笑して終わって、そのまま流れ流れ今日に至ったのですが…。
姉さん、事件です(ホ●ル風に)大変なコトが起こったのです。
そう、スク水事件はまだ終わっていなかったのです…!
夕方。社長、社長の娘さん、姫、オレの4人で事務所に居ました。

社長「姫、次の休みは何処か行くの?」
「あ、立花さんとプールに行きます」

…なんだって?
この前のスク水談義がフラッシュバックされ、あぁ、大方部長にその話を姫がされたんだろう、と思い。
オレは返しました。

オレ「そうなんですー。スク水着て、泳ぎに行くんですー(笑)」
社長「あらあら、そうなの?みんな仲良しさんねー」
娘さん「姫!あんたただ単に龍ちゃんの水着見たいだけでしょ!!」
姫「バレました?(笑)イイですよね、スク水。オレはそれが楽しみで楽しみでv」
娘さん「駄目!龍ちゃん日光に当てたら溶けちゃうでしょ!暑いの苦手なんだから!!」
姫「大丈夫ですよ、流れるプールで一緒に流れてますから」
社長「誰と行くの?2人きりなのはちょっとねー」
姫「あ、ご心配なく。部長と、部長の親戚のお子さん、オレ、オレの娘、んで立花さんですから」

…。
…。
…。
あれ…?なんか、マジ話っぽくないか、これ(滝汗)

オレ「えーっと、社長、娘さん。大丈夫です、冗談ですから」
姫「は?何言ってんの?冗談じゃないって」
オレ「…え、え、え!?プール話は部長が『やめ!』って言ったんじゃ…!?」
姫「違うよ、本当に行くんだよ。部長っちと、オレと、立花さんが」
オレ「…いやいやいや、マジでスク水しかないですし!」
姫「Tシャツ上に着ればイイじゃん。大丈夫だよ、立花さん細いし」
オレ「太ってますから!そ、それに泳げないですし!!」
姫「流れるプールだから大丈夫だって、オレ傍に居るし」
オレ「で、でも!」
「何言っても連れて行くよ?決定事項だから」

何だその男前な台詞はぁー!!!!(悶)
しかもね、今日部長午後から半休だったから結局真相聞けずじまいなんだよ。
その後姫にもう一回聞いたら「だからマジだって」って返されたし。
いやいや、そもそも姫はいつも本当なのか冗談なのか解らないのが悪いんだっ!
『オオカミ少年』ならぬ『オオカミおっさん』だから!(酷)
そうやっていつもオレに冗談ばかり言って、オレがパニックになるの見て笑ってるし!
…。
…。
…。
とか思いながら、ちゃっかり水着を今日見に行った自分が痛いです…。
スク水は流石に不味いです。しかももう何年も着てないし。
と、いう訳で新しい水着を見に行ってみた。
すごいっすー。今ってみんな洋服みたいなタイプなんですねー。
あれなら体系カバー出来てイイかもー。
…。
…。
…。
足太いしなー(凹)
プール、本当に行くのか行くか解りませんが。
取り合えず、この体系を見られるのは本当に嫌だ。死ぬ程嫌だ。
だけど、あんまり会社の人達でなんかやっても、中々来ない姫が来るっていうのは惹かれる。
でもって、休みの日に姫に逢えるっていうのもすごく惹かれる。
娘さんと一緒でも、姫とプールに行けるっていうのもすごく惹かれる。
…。
…。
…。
明日部長に真相を聞いてみよう。
でもさーでもさー。
部長も親戚のお子さん連れて来てさー姫も娘さん連れて行くのにさー。
ちょっと家族ぐるみのお付き合いって感じで集まるのにさー。
其処に会社の人間っていうだけでオレが行くのってどうなんだろうね。
ちょっと空気読めてなくないかな?
会社の人間オンリーならイイけどさ、部長が親戚のお子さん達喜ばせる為に連れて行かれるのに。
姫も、娘さん喜ばせる為に連れて行くのに、其処にオレが行くのって…。
正直どうなんだろう?っていうか、考えればちゃんと声を掛けられた訳ではないので。
…やっぱり冗談?からかわれたのかな?
からかったのに、本気っぽく「行くんですか?」って聞くのってうざくないかなー?
…。
…。
…。
よし、落ち着くまで様子見よう!!!(あれ)


PR
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[66] [65] [64] [63] [62] [61] [60] [59] [58] [57] [56]

Copyright c ~腐女子的妄想日記~。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 深黒 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]